お金をかけずにお肌を若く保つ方法

この記事は約6分で読めます。

お金をかけずにお肌を若く保つ方法 (5)

最初に言っておきます。
個人的な意見なので科学的に検証されたものではありません。

すみません、最初にこういう文言で、、、

こういった記事を書くことに自信があるかないかと言われますと正直あります。
ただ美容に関しては個人差は大きいのです。

あの綺麗な人が使っているから私も同じようになるだろうと思っていてもダメだったという事たくさんあるのではないでしょうか。
だからこそ誰しもが合っているというわけではありません。

でもやっぱりこの方法には自信がありますね。
実際自分自身で経験してきて、自分でも年齢の割には若いと感じています。
その自信これから記載していきますので宜しくお願いします。

 
早速ですが、肌に良くないものって何でしょうか?
私は大きくこの4つをあげさせて頂きます。

紫外線

ストレス

睡眠

食事
 
多分、当たり前でしょ?って思っている人多いかもですね。
そうなんです。当たり前なんです。この4つは肌の大敵なんです。

まず紫外線の話ですが、とにかく紫外線は肌を悪くしますね。

お金をかけずにお肌を若く保つ方法

常に攻撃されていますので、どうしようもない感じです。
でも私の中では適度に浴びるのは良い事だと思っています。
なぜ人間は現在の地球で快適に生活しているのか?
 
それは
↓↓↓
 
順応しているから

そうでなければとっくに滅びています。

それなら何で紫外線対策のクリームがあるの?ってなりますよね。
これは長時間外に出る人用と私は解釈しています。
 
なのでちょっとしか出ない人で塗っても意味ないです。
逆に肌に負担がかかっている可能性もありますね。
 
人間は多少でも太陽の光を浴びるべきなのです。
それにより肌が覚醒されていきます。

なのですごく浴びるのはダメですが、ちょっとぐらいは問題ないと思って下さい。

これがストレスに繋がるんです。

お金をかけずにお肌を若く保つ方法 (2)

何故ストレスに繋がるのか?

それでは1日ずっと暗かったらどうですか?

ストレス溜まりませんか?

外が明るいからいい気分になるのです
雨でテンション上がる人います?もちろん中にはいますよね。でも多くはありません。
晴れてテンション上がる人の方が多くないですか?

どうです?納得できてます?

もちろんストレスというのは他にもあります。

学校・会社に行きたくない…

先生・上司に怒られた

彼氏・彼女にフラれた

などなど…嫌な事があってのストレス

これは大変ですよね。これを抱えると完全に肌に出てきます。
私もニキビなどの吹き出物、ものもらいとかもよくなります。

それならどうやって改善するか。
それができたら苦労しないですよね。

本当は環境を変えるべきなのですが、そうはいかない人多いと思います。
 
そういう時にこそ睡眠なのです。

お金をかけずにお肌を若く保つ方法 (3)

もちろんストレスで寝れないという方いらっしゃると思います。
寝れないなら寝れる環境にするしかないんです。

ただこれでやっていけないのはお酒に手を出すこと。
これはダメですね。
もちろんたしなむ程度でしたらいいですが、

たしなむ程度で終わる人いますか???

まず無理です。

そういう時は運動です。
辛い時に運動してみて下さい。

嫌な事を忘れる

↓↓↓

運動ですごく疲れる

↓↓↓

よく寝れる

これ本当ですよ。
かなりストレス溜めててもこの方法だとかなりぐっすりです。

もちろん運動が苦手という人いると思いますが、歩くだけでもいいです。
できる事でいいです。
ただをかくぐらい、大体20分から30分は最低限やってもらいたいです。

 
ここから食事に繋がるのですが、よく野菜中心で食べようとか言っている人いますが、こんなのはストレスしか溜まりません。
私は絶対ありえません。

お金をかけずにお肌を若く保つ方法 (4)

私が提唱するのは

その時の好きなものを食べよう

これにつきます。

だってカラダが欲しているんですよね?

だからこそ好きなものを食べるべきです。
それだけでもストレス解消です。
さらに脳が最高と感じているのでしたら現時点でのカラダに合っている食べ物なんです。
 
ただ、これだけは気を付けて下さい
↓↓↓
 
暴飲暴食

これは絶対ダメです。

暴飲暴食しないようにするにはゆっくり食事をする事。
これは当たり前ですよね。
早く食べると脳がついていけないんです。
だからお腹いっぱいになったという指令も遅くなるのです。
ゆっくり食べれば脳もついていけます。
ダメというサインをしっかり送ってくれるのです。
 
ちなみに毎日からあげをカラダが欲しているという人はからあげだけでも大丈夫ですよ。
だって脳が食べたいと言ってるんですよね?
それならいいのではないでしょうか。(もちろん暴飲暴食だめですよ)
 
絶対に人ってずっと食べ続ければ飽きるんです。
そして年齢を重ねると味覚が変わるんです
 
私は本気で今それを感じています。
昔はネギ嫌いだったのですが、今ではネギを入れないとダメなカラダになってます。
これって不思議ですよね。
 
多分ですが脳がその時に必要なものを徐々に書き換えているのではないかなと思ってます。
(もちろん科学的根拠はありません)
でも10代の頃は肉が好きだったのにいつの間にか魚を食べるようになっていませんか?

味覚が変わる=カラダも変化しているという事です。

だからこそ好きなものだけ食べていればいいんです。
 
どうですか?ここまで納得して頂けてます?
フェードアウトしちゃいます?

あと少しで終わりますよ。
 
これがどうお肌を若く保つ事に繋がるか?

既に説明してますよね?
普通に生活する事なんです。
当たり前の事を当たり前のように生活してみて下さい。

行き過ぎもダメ行かな過ぎもダメ

それが無理だから困っているという人。
無理ではないと思います。
これ難しいですか?
逆に毎日、美容液つけたり、化粧水塗ったり、ケアに何時間もかけている人の方が大変じゃないですか?

私が言っているのは

当たり前の事を当たり前にするだけ

人間は起きて行動して寝るの繰り返しです。

行動の中に食事や運動が含まれます。

このサイクルをいかにストレスなく費やすか、それにより肌だって変わっていきます。

もちろん年齢を重ねれば肌は衰えます。
でも衰えのスピードを遅くする事はできるはずです。
 
だからこそまず美容液、化粧水など美容商品に手を出す前にまずは自分の生活を改めてみて下さい。
 
今回は当たり前の事を当たり前のように書いた記事になってしまいましたが、多分かなり有効的だと思われますので是非実践してみて下さい。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました