シミができる原因と主な対策・対処方法、やり方ついて

シミができる原因と主な対策・対処方法、やり方ついて


≪広告≫


シミについて考えた理由

 
20代のころはまさか自分がシミに悩むなんて思ってもみなかった、という方は意外と多いかもしれません。
ある日突然、鏡を見た時にぽつんと影のように見えるシミ、ショックですよね。
 
シミは、一日二日でできるものではありませんので、若いころからの予防が大切なのです。
シミはいったんできてしまうと、そう簡単に消すことは難しいものです。
放っておくとどんどん濃くなってくることもあり、そうなるとますます取り除くのがむずかしくなります。
 
実は私も現在シミに悩んでいます。
親からも言われていましたが、シミは早い段階で何とかしないとあとあと困るよなんて事を言われました。
正直、その時は何とも思っていませんでしたが、今になってその言葉を思い出します。
 
だからこそ
↓↓↓
 
薄い影のようなシミを見つけたら、すぐにでもシミ対策を行いましょう。
そして今回は、シミができる原因と、シミ対策としておすすめな方法を紹介します。
 

シミができる原因

 
シミができる原因は、メラニンという黒色色素にあります。
これは、本来、紫外線や外部からの刺激からお肌を守るために肌内に生成されるものです。
通常メラニンはできてしまっても、お肌の生まれ変わりサイクルにのって、時間がたてば自然と体外へ排出されます。しかし、お肌のサイクルがお得なっている場合、メラニンが肌内に残ってしまい、くすみやシミになってしまうのです。
 
つまり
↓↓↓
 
シミができる原因とは、メラニン色素ができることと、お肌のターンオーバーが乱れていること、この二つになります。では、メラニン色素ができる要因について掘り下げてみましょう。
 

メラニン色素ができてしまう要因

 
シミはメラニン色素の停滞によっておこるものですので、メラニン色素さえ作らなければ、シミの原因もなくなるということになります。そこで、どんなことでメラニンができてしまうのかを理解しておけば、メラニン生成の防ぎ方が分かってきますよね。
 
メラニン色素ができてしまう要因には次のようなことが挙げられます。
 

紫外線
 
シミができる原因と主な対策・対処方法、やり方ついて
 
太陽光線に含まれる紫外線は、お肌へ大きなダメージを与えるものです。
そのダメージから肌を守ろうとして作られるのがメラニン色素です。紫外線を浴びてメラニン色素ができてしまうのは、ごく当たり前のことなのですが、シミ予防をしたい私たちにとっては困りものですよね。
ですので、シミ対策の最も重要な点として、紫外線対策があります。
紫外線に浴びるのを防ぐことがシミケアへとつながるのです。
 

物理的な刺激
 
シミができる原因と主な対策・対処方法、やり方ついて
 
紫外線さえ浴びなければメラニンが作られることはない、と思っている人もいるかもしれませんが、それは間違っています。
メラニンは紫外線以外の要因でも生成されることがあります。
まずは、物理的な刺激です。
例えば、お肌を強くこすったり、衣服や下着などによる摩擦によって、メラニン色素ができてしまうことがあります。
生きていく上では何かしらの刺激は受けてしまいます。
なのでできるだけ刺激を与えないようにというのは無理な事。
ただ気を付ける事はできますので是非その事も意識しながら生活してみるとかなり変わっていくのではないでしょうか。 
 

ストレス
 
シミができる原因と主な対策・対処方法、やり方ついて
 
もう一つ、メラニンができてしまう要因として、ストレスもその原因になることが分かっています。
ストレスでメラニンができるなんて、ちょっと不思議に思うかもしれませんが、ストレスによってできるタイプのシミもあるくらいです。
そもそもストレスは美肌作りにはよくありません。
シミやくすみだけでなく、ニキビや吹き出物、肌荒れ、クマなどを招くこともあります。
美容のためには、ストレスをためないようにすることも大切なのです。
ただ分かっていてもストレスって溜まってしまうんですよね。
それはしょうがない事。
なのでストレスはストレスとして受け入れる事が大事かもしれません。

嫌な事を感じたって思った時、その時点でストレスを感じています。
でもそのストレス受け入れてどうやって発散しようかな?っというぐらいまで考えて下さい。
発散する方法を考える事でストレスは自然となくなるかもしれません。

一応これは個人的な方法です。もしよければ取り入れて下さい。
 

シミを予防する方法

 
シミができる原因が分かったところで、シミを予防する方法を紹介しておきます。
シミができるのは、メラニン色素が生成されることと、お肌のターンオーバーが乱れてしまうことだと言いました。
ですので、シミ対策もこれらの二つのアプロ―チが必要になってきます。
 

メラニン色素の生成を防ぐ

メラニン色素ができる原因をお話ししましたので、どうすればメラニンを作らなくてすむか、おのずと理解していただけると思います。まずは何よりも紫外線対策ですね。
紫外線対策というと、日焼け止めクリームを思い浮かべると思いますが、それだけではありません。
紫外線対策は複数の方法を組み合わせて行うのが鉄則です。
例えば、日傘や帽子、スカーフなど、できるだけ紫外線に露出する肌が少なくなるようにしましょう。
 

物理的な刺激にも注意

顔をよく手で触ったり、目や口元をこするクセがある人もいますが、できればそういう癖は直しておきたいですね。
顔に関しては、洗顔の際にゴシゴシ擦るのもよくありません。ボディに関しては、下着の締め付けなどに注意しましょう。

そして、先ほどの繰り返しになりますが、できるだけストレスをためないようにすることも大切です。
自分なりのストレス発散法や気分転換を行って、ストレスをため過ぎないようにしたいですね。
 

できてしまったシミはどうすればいい?

 
シミを予防する方法を説明しましたが、もうすでにシミができてしまった、という人もいるかもしれません。できてしまったシミを取り除く方法はあるのでしょうか。
 
できてしまったシミを即効で取り除きたいという場合は、レーザー治療などの手段に頼ることになるでしょう。
外科的治療では、かなり高い成功率でシミをとることができます。
即効性がある代わりに値段も高くなるので、信頼できるクリニックを選ぶようにしたいものです。
 
シミは消したいけど、美容手術はちょっと抵抗がある、という方は、シミ専用化粧品を使ってみることをおすすめします。できてしまったシミを化粧品で取り除くのは無理だといわれていた時代もありましたが、現代の化粧品ははるかに進歩しています。
 
シミ対策専用の化粧品はたくさんの種類が販売されているので、予算と目的に合わせて選ぶことができます。
シミ対策化粧品によく含まれている成分としては、

ハイドロキノン アルブチン ビタミンC誘導体 アスタキサンチンなどがあります。
 
シミができる原因と主な対策・対処方法、やり方ついて
 
シミケアの商品の中でもこれら成分を推して販売しているメーカーは多々ございます。
ただこういう商品は絶対に個人差がございます。

口コミでもシミが消えたというのを聞いたりするかと思いますが、決して自分も当てはまるという事ではありません。
もちろん効果もあるかもしれませんが、まずは少量でも試すことが必要です。
そして、やってはいけない事はその商品をつけて肌がヒリヒリしたりしたらすぐにやめましょう。

これは上記でもお伝えしていますが、物理的な刺激となり逆にシミが悪化してしまう事もございます。
そうなると逆効果です。

選ぶ上で見ておきたいのは効能評価試験済みというのは良いかもしれませんね。
実際に認められているものみたいなので、一応選ぶ基準となると思います。

ただ私は全額返金保証は絶対だと思っています。

また最近のコスメの中には、医薬部外品として販売されているものもありますので、より効果を実感したい方はこれを使ってみると良いかと思います。
 
試してみないと分からないですし、肌に合う合わないは本当に人それぞれ。
判断の仕方は人それぞれですが、是非参考にしてみて下さい。


≪広告≫


コラム

Posted by 管理人