タイのファッション、美容事情、日本・韓国、どちらが人気なのか

タイのファッション、美容事情、韓国、日本どちらが人気なのか

アソークの交差点
 
微笑みの国、タイ。
タイの中心、バンコクに行った事がある人は分かると思いますが、日本のお店がとても多いです。
居酒屋から焼肉店、ラーメン店など日本人が出店しているお店は数多くあります。
さらにタイに行っても日本語で通じる所がかなり多いです。
っというより日本人も結構多い。
バンコクのショッピング街を歩いていれば普通に日本語が飛び交っていますね。
 
旅行者も多いですが、駐在の方も多く日本人にとってはとても住みやすい国なのではないでしょうか。
 
そんなタイは親日というイメージがすごくあります。
 
なのでファッションから美容まで日本のものが流行っていると思いがちですが、それが全然違います。
 
タイ人の好みは韓国のファッション、美容なのです。
 
何故か?
↓↓↓
 
まずファッションでいくと、タイは暑い国というのは知っていますよね。なので細身のファッションが好きなんですよね。
そうなると韓国のピタっとしたスタイルのファッションに憧れるみたいです。
 
日本の今流行りのファッションはダボダボとしたちょっとゆったりめの感じ。
それがなかなか受け入れられてはいませんね。
 
なので日本の服、韓国の服はどちらが良い?って聞くとほぼ9.9割は韓国の服と答えると思います。
 
またバンコクにプラチナム ファッションモールという所があるのですが、ほぼ韓国の服のコピー商品ばっかりです。
小売りと卸売の専門店なのですが、びっくりしますよ。
 
コピー商品なので安かろう悪かろうという感じですが、品物はなかなかです。
 
価格帯は1着600円から900円ぐらいで購入できます。
でもやっぱりコピー商品なのでほつれもあれば縫い目がひどかったりもします。
ただ選んで購入できるので若者はかなりプラチナムで購入していると思いますよ。
 
もちろんファッションだけではありません。コスメもたくさん置いてありますが、こちらもコピー商品。
もちろん日本よりも韓国のものが多いですね。
 
タイ人の憧れが日本人よりも韓国人なのでその辺はちょっと意外な所ではありますね。
 
でもです。
↓↓↓
 
コスメに関しては中級層から上の人はやっぱり日本のブランドを使用してますね。
 
1番人気はSKⅡです。
これは鉄板です。
 
何故中級層から上かというとやっぱり高いんです。
関税がかけられている為なかなかしますよ。
 
もちろん女性ならみんな日本製使いたいと思いますが、高すぎて手が出せないんですよね。
 
やっぱり日本からお土産で持っていくと喜ばれるみたいですし、タイ人も日本に旅行に来る際はたくさん日本の化粧品を購入するみたいですよ。
 
そこはさすがJAPANといった所でしょうか。
 
私思うんです。日本の美容商品はもっともっと評価されるべきだと思います。
 
プライベートでよく海外に行くのですがアメリカは別格としてもこれだけコスメが充実している国ってそんなにないんですよね。
 
韓国に関しては正直安いというイメージ。
ちなみに日本で人気のエチュードハウスは全て韓国製
エチュードハウスで置いてある商品ですが、卸しで購入するとすごい安いんですよね。
 
アリババとかで調べるとびっくりしますよ。
驚きの卸価格で販売されています。
 
そもそも顔につける商品で安いというのも私は不安です。
いくら可愛いからと言っても安いのにはそれなりの訳があると思います。
 
通常日本の商品であれば色々な検査等もしているはず。
だからこそ金額も張るのです。
 
何故なら、もし問題を起こした際には訴訟問題にもなりますし、高額の賠償請求だってされるかもしれません。
 
ただ、それ以上に日本人は真面目なんです。
良いものを作るためには努力は惜しみません
 
もちろん韓国人が努力していないというわけではないんです。
価格に関して努力しているかもしれませんが、ただおかしいぐらいの安さなのでその辺が不安ではありますよね。
 
多分どこかの国の安い工場で生産されているのだろうと思いますが、本当に大丈夫かなって感じです。
 
やっぱりカラダにつけるものだからこそ安心・安全は1番ではないでしょうか。
 
少々話は脱線してしまいましたが、タイ人もそれは分かっているんですよね。
だからこそ中級層以上の人は安い美容商品には一切手を出しません。
信じられるのはMade in JAPANみたいです。
 
タイは貧富の差が本当に激しい国です。
ご飯だって1食60円ぐらいの人がほとんどです
地方に行けばもっと安いと思います。

タイのファッション、美容事情、韓国、日本どちらが人気なのか

タイのソウルフード、パッタイ
 
スタバなんて高級コーヒーなんです。
コーヒーに300円以上なんて日本でいう3000円ぐらいの感じです。
 
なので日本ブランドの化粧品ってなかなか手が出せないのが実情なのですよね。
 
日本で1万円ぐらいするものがタイ人感覚だと10万円ですからね。
 
それでも普通に購入できるお金持ちはいるんです。
その辺が本当に貧富の差を感じます。
 
私も羨ましくなるほどのお金持ちはタイの首都バンコクにはたくさんいますからね。
本当にすごいですよ。
 
いつの間にかお金の話になってしまっていますが、
 
とりあえずまとめます。
 
服に関しては間違いな韓国の商品です。
 
タイ人は細くてスタイルが良い人は多いです。
気候が暑いというのと辛い物が好きなので代謝が良くなるのでしょうか。
でもコーヒーはめちゃくちゃ甘いんですよねwww
 
あと、ドラマか何かの影響もあるのかもしれません。
 
だからこそカラダのボディラインが見えるスーっとした服が好まれるんですよね。
 
タイのファッション、美容事情、韓国、日本どちらが人気なのか
 
本当に残念ですが、日本のダボダボした服はものすごく受け入れられていません。
 
でもコスメに関しては日本ブランドではないでしょうか。
 
韓国製もたくさん販売されていますが、それは低所得者がメインです。
中級層以上は間違いなく日本ブランドだと思います。
 
今回はファッションとコスメの観点からタイでは韓国製と日本製どちらが好まれているか記事にしてみましたが、もしこの記事を読んで頂き興味が沸きましたらタイに旅行に行ってみて下さい。
私の記事が本当に理解できると思いますよ。
 
この記事ではタイにフィーチャーさせて頂きましたが、ほかの国でもこういう話ができたらと思います。
 
ご要望がありましたらいつでもコメント入れて下さい。
こういう記事はまた書きたいと思います。
 

コラム

Posted by 管理人